【ヤマハ音楽教室ってどう?】2歳児のぷっぷるくらぶ体験に実際に行ってきました!

 

2歳1カ月の我が子のヤマハぷっぷるクラスの体験に行ってきました!!

最初に・・・
あくまで私が体験に行った教室の話なのと、帰ってきて思い出しながら記録したので、もしかすると忘れて飛んでいる部分があるかもしれない・・・ということをご了承ください!!

 

ヤマハはいつか体験してみたいと思っていましたが、なかなか機会が無くて・・・。

口コミや評判を調べたんですが、「実際に自分が行ってみた方が早い(笑)!」ということで。

今回、同じ2歳児を持つ友人に誘われて行ってきました。

 

スポンサーリンク


 

 

『教室』という環境で、工夫されたCDやピアノ、エレクトーンなどたくさんの音楽を体験できる情操教育がヤマハのドレミらんど。

そんなドレミらんどには、1歳から3歳までの成長に合わせたクラスが2つあります。

友人に誘われたのをきっかけに、気になっていたヤマハ音楽教室を体験することになったわけですが、まずは体験の申し込みをしました。

我が子の場合は2歳1カ月だったので、【ぷっぷるクラス】の対象でした。
(ちなみに1歳からは【らっきークラス】がありますよ。)

私は申し込みが遅く体験の2日前になってしまったため受付は電話のみでした。
ホームページから早めに予約をすると、パソコン限定申し込み特典があったので、早く予約すれば良かったな〜と思いちょっと失敗でした。(もらえるものは何でももらいたいので。笑)

 

まず、ホームページに載っていた番号にかけました。

フリーダイヤルで本部?みたいなところにつながり、名前や生年月日、連絡先を聞かれ、体験を受ける教室の担当者から連絡しますとのことでした。

 

しばらくして教室から電話が来たのですが、娘に先を越され電話を切られてしまい・・・。
折り返したところ、「今すぐこちらから折り返します!」と電話をくれました。

担当者が不在だったのかな?と思いましたが、かかってきたのが同じ声の方だったので『電話代のことを考えてくれたのかな〜』と思ったりして、ちょっと関心したのと、正直ありがたかったです。笑

 

体験の前日にも電話が来て「明日来られますか〜?」という確認と、今なら体験した日に入会すれば入会金が半額になるので、そうなると持ち物は・・・というようなお話でした。

 

【ぷっぷるくらぶ】体験当日の流れ

 

楽しみにしていた当日は、ちょっと早めの9時半からの教室。
娘は新しいところへ行くと緊張して動けなくなるので、早めに現地に行って少しでも慣れておくことに。

かなり早めの20分前に着きましたが、快く迎えてくれました。

 

驚いたのは、入ったとたん「〇〇ちゃんかな?」と声をかけてくれたこと。
(後から知ったのですが、担当の方は、うちの子の他の体験する子どもたちと体験受付時に会っていたため消去法で我が子の名前がわかったようです)

それにしてもすごく意識が高いなぁと感心しました。

 

 体験までの待ち時間・・・

 

受付横のキッズスペースに案内されて、「ここで遊んでいてくださいね」と言いながら担当の方も子どもと一緒に遊んだり優しく話しかけてくれていました。

そこにはぷっぷるのぬいぐるみや手作り感のある段ボールで作ったパズル、おままごとの果物、絵本などがあり、ぷっぷるのビデオも流れていました。
ぷっぷるのぬいぐるみで遊んだり、エレクトーンを触らせてもらったりしてるうちに少し緊張がとけてきた娘でした。

 

この日の体験はうちの娘と友人の娘(2歳9カ月)と、あと2人の計4名で、2歳になったばかりの我が子が1番小さかったようです。

他の2人(男の子)は3歳かな?と思いました。

キッズスペースに1人がやって来ると、担当の方が「今日一緒に体験する〇〇くんです」とお互いを紹介してくれるので、挨拶ができて良かったなぁと。
もし、このまま入会したときにも生徒同士の距離感がぐっと近づくだろうし。

体験だからといって「隣の人は関係ありませーん」って感じじゃないのがいいなぁ、と感じましたよ。

 

さて、4人が揃った頃にちょうど時間になり、先生が迎えにきてくれて教室へ移動。

 

音符のついたマットが敷いてあり、そのマット手前で靴を脱ぎました。

授業参観みないな感じで教室の後ろに人数分の椅子が用意されていました。
親は椅子に座っても、床に座ってもいいですということでしたが、床に座る人の方が多いそうです。

そして先生が一人一人名前を呼んで確認しながら、子どもの胸のあたりに名前を書いたシールを貼っていきました。

 

 体験レッスンが始まって・・・

 

まずは、担当者の挨拶。

2歳児とはこういう時期ですよ〜って感じの内容(詳しくは忘れました・・ごめんなさい)と、先生の紹介をして、担当の方は後ろで待機。
体験しているのを見学していました。

 

そして体験レッスンの始まりです!

全体的にCDで音楽をかけて、それに合わせて歌って踊る感じでした。

 

♬はじまりのうた

先生がぷっぷる人形(パペット)を持ちながら歌って踊ります。
ぷっぷるパペットを一人一人のほっぺに当てて「よろしくね〜」って。

毎回レッスンの最初はこの歌で始まるんだろうな〜と。

歌が終わると先生が自己紹介をしてくれました。

 

♬パンダうさぎコアラ

こちらは座って。

これもCDをかけて、音楽付きの手遊び。
掴みはオッケーって感じで、知ってる手遊びに子どもたちの緊張も少し解れたようでした。

緊張がほぐれたところで次は『名前を呼ぶのでお返事できるかな?』と順番に名前を呼んでくれました。

 

♬ありさんマーチ

「マーチっていうのは行進曲で、1、2、1、2・・」と、説明から。

子どもだから難しいことを言わないということではなく、難しい言葉もきちんと説明してるところが良いなぁと思いました!

お兄さんあり大股歩き〜♬の他にもぺんぎん歩き、怪獣歩き、など一緒に踊りました。

 

♬ピタッ!!と止まる

今度は座ってお膝をたたきながら、音楽が止まるとピタッ!とストップ。
音に合わせて動いたり、止まったりをゲームみたいに楽しみましたよ。

その動きにちょっと慣れたら・・・次は数色ある、布?っぽい柔らかいフラフープを1つ選びました。
そのフラフープを両手で持って動かしながらまた音楽に合わせて、止まるとピタッ!と。

↑これがそのフラフープです!
引用:ヤマハ音楽教室公式サイト

 

さて、次はそのフラフープを返して、今度は大きな太鼓が出てきました。
同じ曲で、また音楽が止まるとピタッ!

ジャングルっぽい柄が描かれた大きいたいこをみんなで叩きました。

これが結構大きな音が出る太鼓で、娘は音にびっくりして最初怖がっていました。

繰り返すことで曲と動きに慣れつつ、道具を変えることで新鮮に何度も楽しめる感じが良かったですね。

 

そして楽器紹介。

「小さい太鼓もあるんだよ~」と見せてくれて、それは普段のレッスンで使っているというものでした。

次は「この楽器は見たことあるかな?」と、グロッケンを順番にたたかせてくれました。

 

あとは小さな卵型のマラカスなども普段レッスンで使っているということでした。

 

♬紙芝居

音楽に合わせて先生が紙芝居を進めていくんです。
紙芝居にBGMがついている感じといいますか・・・。

楽しい場面では軽快な楽しそうな音楽が流れたり、リズムや速さが変わったり、、登場人物の気持ちが曲に現れていました。

三輪車のリンリンが動物園に行って迷子になるのですが、CDから流れてくる曲と先生の話すタイミングが絶妙でしたね~。

 

♬先生がピアノ弾いてくれる

教室に入った時から先生のピアノが聴けたらなぁと思っていたので、生演奏は「やったぁ~!」と思いました~。

となりのトトロの『風の通り道』という曲。
ピアノは個人的に楽しみにしていたのですが、なんとここでも音楽をかけて、ピアノ+CDの演奏付きで豪華な感じでしたね。

この時は子どもたち4人ともお母さんの抱っこでピアノの周りに集まりましたが、1曲終わるまでずっと興味津々で聞いていましたよ。

 

♬リズムに合わせて踊る

CDをかけて踊ります。

タンゴやサンバなど、次々に色々なリズムがかかり、それに合わせて踊りました。
普段聞かないようなリズムに出会えるのが良いなぁと。

 

♬さようならのうた

最初と最後のうたは普段のレッスンでも毎日やるみたいですね。

数回やれば子どもも覚えられそうな簡単な振りで、最初と同じように先生がぷっぷるのパペットを持って踊りました。

 

 

 体験終了後・・・

 

その場に座ってまずは担当の方から挨拶。

シールブックがもらえて、みんなその場で遊んでいました。

引用:ヤマハ音楽教室公式サイト

 

子どもたちが楽しくシールで遊んでいる間にアンケートを記入。

何でこの体験を知りましたか?とか、入会したいと思いましたか?みたいなことや他に何か習い事はしていますか?など一般的なマルをつける質問がいくつか。
他には[入会検討中]や[入会しない]にマルをつけると、具体的な理由を書いてくださいっていうのがありました。(確かそんな感じでした)

 

担当の方からは、今入会すると入会金が半額です〜とか、バッグがもらえますよ〜とか。そんな案内を聞きながらアンケートを書きました。
しつこい勧誘とかは全く無くて、後日「入会考えてみましたか~」みたいな電話が1度来たくらいです。

 

 

 ぷっぷるくらぶ体験のまとめ

 

以上が、2歳娘のぷっぷる体験の記録です。

忘れてる部分もあるかもしれません。汗

なにせ自分も踊りながら楽しんでいましたので・・・。

体験は、普段のレッスンと同じ40分ということでしたが、あっという間に終わりましたよ。

 

入会するかしないかといえば・・・、内容だけを考えれば「入会したい!!」と思いました。

ただ、金額が。。
月謝はもちろん、教材は半年で買い替えなので年に2回。

などを考えると、やっぱりその場で即答はできませんでしたね。

4月開講が多いので、教材を半年で買い替えるとこを考えると、最初から入会した方がいいんだろうなぁと思います。

 

たくさん踊って楽器を触って色々な音楽を聴けるのは、やはりヤマハならではなんだろうなと思いました。

家ではなかなかできませんから。

2歳から3歳という時期に、こんなにたくさんの音楽に触れることができるのは素晴らしいと思いました!

 

ちなみに、娘はかなり楽しかったらしくて。

体験から1カ月経った今でも「にゃまは~(訳:ヤマハ)」と言いながら、ぷっぷるの体験で付けていた名前シールとシールブックを大切にしていて(どちらもボロボロですが・・・)時々「ぷっぷる~♪」のところだけ歌いながら踊っています。

踊りは何となくですが、そんな振付だったな~という感じで「覚えているんだなぁ」とちょっと感心。笑

 

ちなみに、【体験】と【見学】は違っていて、体験はしっかり参加できますが、見学はあくまで見学のようです。
電話で確認しただけですが、見学の場合は教室の後ろで見ている形だそうです。

先生は見学の子にも視線を合わせたり工夫されるようですが、40分ずっと見られるわけではないとのことでした。
(見学が混んでいたためかもしれませんが・・・)

確かに2歳児が「自分は見学だから参加できない」なんて理解できませんよね。

やりたい!触りたい!となるわけですから・・・。

見学は、あくまで教室の雰囲気を感じるためのものなのでしょうね。

 

というわけで、これからも我が子には音楽に触れてもらいたい!!と思っているので、地元のリトミック教室などを体験しながら検討したいと思っています。

 

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。