6歳臼歯は1番虫歯になりやすい!?予防にフッ素やシーラントを活用しよう!

cd6ffc75205946b7a031b1c0e2cc6469_s
誰の口の中にもいると思われていた虫歯菌(ミュータンス菌)は、実は大人の口から伝わって移るということが判ってきました。
このため家族の中で同じタイプの虫歯菌が見つかることが多いのです。

ご両親や周りの人が虫歯や歯周病を治してお口の中をキレイに、歯の健康に気をつけることが大切です。

 

スポンサーリンク


 

 

  • 赤ちゃんへのキス
  • スプーンやコップなど、食器の共有
  • 食べ物を口移しする

 

唾液を介して感染しますので、上記のような場面では気をつけましょう。
3歳頃まで気をつけたほうが良いですが、この中でも特に、奥歯が生えそろう1歳半くらいから1年ほどに注意が必要です。
それ以降は虫歯菌に負けないくらい強い歯に育ちます。

しかし最近では、6歳臼歯(最初の永久歯)が生える頃にも感染に注意が必要なのが判ってきています。

虫歯菌を調べる検査を行っている歯科医院もあります。
唾液から調べるので、痛みもなく、赤ちゃんも行うことができます。

 

6歳臼歯(最初の永久歯)が虫歯になりやすい原因とは!?

 

6歳臼歯は「第一大臼歯」と呼ばれ、一番大きく噛む力がいちばん強い歯です。
そして、いちばん大切な歯であるにも関わらずいちばん虫歯になりやすいのです。
その原因としては、下記のようなものがあります。

 

  • 乳歯の奥に生えてくるため、気がつきにくい
  • 歯の溝が深い
  • 歯ブラシが届きにくいため磨き残しが多くなり歯垢がたまりやすい
  • 生えたての頃はまだ歯質が未熟なため虫歯になりやすい

 

6歳臼歯の虫歯予防・フッ素とシーラントを活用しましょう!

 

生えたての6歳臼歯は、歯のエナメル質(表面)が柔らかく、虫歯菌が出す酸にとても弱いので虫歯になりやすいのです。
大切な歯を守るために、おやつやジュースなどの甘いものを控えて、食生活に気をつけましょう。
保護者の方がしっかり丁寧に仕上げ磨きをすることも大切です。

その他の予防法として、「フッ素塗布」と「シーラント」があります。
まずフッ素塗布は、歯科医院で高濃度なものを定期的に塗布して、自宅では低濃度なものを毎日寝る前に塗布することが効果的です。
フッ素は歯の表面から取り込まれ、丈夫な歯をつくります。

シーラントとは、歯の溝に接着力のあるプラスティックを埋め込み虫歯を予防する方法です。
6歳臼歯は歯の溝が深く、そこに歯垢がたまり虫歯になりやすくなっています。
なので、生えて間もない6歳臼歯にシーラントで処置することにより虫歯を予防することができます。

この処置に痛みはありませんが、プラスティックが剥がれたりすることがあるので、定期的な検診が必要です。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。