赤ちゃん・子どもの肌に乾燥はNG!お風呂後のスキンケアはどうする?!

赤ちゃん

赤ちゃん・子どもの肌は、潤っているように見えて実はとても乾燥していてデリケートです。

赤ちゃんのうちに保湿をして健やかな肌を育てれば、大人になっても肌トラブルが起きにくいということも最近分かってきています。

 

スポンサーリンク


 

 

乾燥しやすい

生まれたばかりの赤ちゃんは胎脂に覆われていますがそれが消えてしまうと乾燥が始まります。

 

皮膚が薄く、バリア機能が未発達

赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどしかありません。
なので刺激に弱く、すぐかぶれたり湿疹ができてしまいます。
紫外線も大敵です。

 

汗かき

小さい体ですが、大人と同じ数の汗腺があるといわれています。
新陳代謝も活発なので、寝ている間にも大量に汗をかきます。

 

赤ちゃん・子どものよくある3つの肌トラブル

 

あせも

汗をかくとプツプツと赤い発疹ができて、かゆみを伴うことも。
関節の内側などができやすいです。

 

かぶれ

おしっこやうんちの刺激で赤くただれます。
おしりふきで拭きすぎても起こります。
おむつが当たっている部分がかぶれやすいです。

 

アトピー性皮膚炎

乳幼児は顔や頭、小児は肘・膝関節の裏側にできやすいといわれています。

 

赤ちゃん・子どものお肌のためにできること

 

しっかり保湿する

汗をかいたり、涙やよだれを拭くだけでも、肌は乾燥します。
拭いたあとや、お風呂上りはしっかり保湿してあげましょう。

 

清潔に保つ

食事のあとの食べこぼしはすぐに拭きましょう。
乾いたタオルやティッシュでは肌に刺激を与えてしまうのでガーゼやタオルを濡らしてから拭きましょう。
お風呂ではやさしく、ていねいに洗いましょう。

 

衣類は肌触りの良いものにする

肌着や、肌に直接触れる部分の素材は特に注意しましょう。
ウールなどチクチク、ゴワゴワしたものは避け、綿など肌触りが良く、吸収性の高いものを選びましょう。
また、季節によって素材を変えたり、タグが刺激になっていないかチェックしましょう。

 

厚着させすぎない

体温調節がまだうまくできません。
厚着をしていると汗をかくだけでなく、冷えて風邪をひく原因にもなります。

 

部屋を乾燥させない

夏は冷房、冬は暖房でお部屋の中は乾燥しがちです。
こまめな換気や50〜60%の湿度を保ちましょう。

 

赤ちゃん・子どものスキンケア方法

 

全身にたっぷり、少し多いと感じるくらいの量の保湿剤をつけましょう。
手のひらでやさしくなでるように塗ります。
お風呂上りだけでなく、朝顔を洗った後や、食事のあとも忘れずに保湿しましょう。

腕は二の腕・足は太ももから指先へ向かって保湿剤をのばします。

体は、首→胸→おなか→おしりというように、上から下へ、一方向に保湿剤をのばします。

耳の裏、足の甲などが乾燥でカサカサしている赤ちゃんも多いので、細かいところも忘れずに保湿しましょう。

 

赤ちゃん・子どものお風呂タイム/「優しく」「しっかり」がポイント!

お風呂タイムの【OK】
  • ボディソープはお肌に優しく、低刺激のものを選ぶ

無添加やアミノ酸、弱酸性など、赤ちゃん用のものも多く売られています。
成分をよく見て選んであげたいですね。
大体の赤ちゃん用のボディソープは頭も体も兼用ですが、中には頭専用のシャンプーもあります。

  • 素手で優しく洗う

ボディソープを十分に泡立てて、素手でなでるように洗います。
赤ちゃんのくびれや首のシワは汚れが溜まりやすいので隠れたところもよく洗いましょう。

  • ぬるめのお湯でしっかり流す

洗浄料が残っていると肌トラブルの原因にもなります。
また、熱いお湯は乾燥の原因になるのでぬるめのお湯でしっかり洗い流しましょう。

  • タオルは優しく

お風呂からあがった後は、タオルで「トントン」と押さえるように優しく拭きます。

 

お風呂タイムの 【NG】
  • タオルや海綿でごしごし洗う

柔らかく繊細な子どもの肌に傷をつけてしまいます。

  • ボディーソープを使わないで洗う

お湯だけでは皮脂や汚れが十分に落ちません。
ボディーソープで洗った後は、十分に流しましょう。
ただ、ボディーソープ に含まれる成分が刺激になり、皮膚炎などの症状が出ることがあります。
その場合は、ボディーソープ を変えたり、場合によっては医師に相談しましょう。

  • 長湯する

大人と違い、赤ちゃんはすぐに温まります。
長湯をすると乾燥を招くだけではなく、赤ちゃんにとって負担になります。
湯船からは3分以内にはあがりましょう。

 

赤ちゃん・子どもの入浴後の保湿は5分以内!

 

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_s

入浴すると皮膚が乾燥しやすくなります。
入浴して10分後にはお肌の水分量が一気に減少するのでお風呂からあがったら、できるだけ早く保湿しましょう。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。