赤ちゃんの耳かき頻度は?知らなきゃマズい!子どもの耳掃除の基本

846ba45936c33730d7c251505a56af08_s

 

赤ちゃんの耳垢が見えると、気になりますし、ついつい取りたくなりますよね。

ですが、耳かきによる事故は多く聞かれます。
耳鼻科医の話では、耳掃除をしなくても聞こえなくなるほど耳垢が溜まったり固まることはほとんど無く、自然に取れるものだということです。

実際のところ、どのくらいの頻度で耳かきをすればよいのか、ということや耳かきの時の注意点について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの耳掃除の頻度は?注意しておきたい4つのポイント

 

2~3カ月に1度、耳の入り口に出てきたものを取れば十分といわれています。

耳の奥に大きな耳垢が見えても、無理に取らないようにしましょう。
人間の体はよくできていて、耳垢は自然に出てくるようになっているんですね。

逆に、頻繁に耳掃除をすると、傷ができて外耳炎になってしまうことも・・・。
また、綿棒を深く入れ過ぎたり、兄弟やペットがぶつかったり、子ども自身が動いてしまうことで鼓膜や外耳道を傷つけてしまうなど、思わぬケガにつながることがあるので注意が必要です。

赤ちゃんが嫌がって動いてしまうことを想定して慎重に優しくやってあげるのが基本ですが、痛がるそぶりを見せたり、あまりにも嫌がる場合はいったん時間をおいてみるのも良いでしょう。
寝ているときにそっとやるのも良いですが、その際は急に動いてしまわないようにママが細心の注意を払ってあげるのがポイントですね。

 

  •  明るい場所で、機嫌の良いときに行う
  •  赤ちゃん用の細い綿棒を使う
  •  綿棒を入れるのは、耳の入り口から1cmまで
  •  綿棒でくるりと回して、ぬぐうように引き抜く

 

子どもの耳垢栓塞(じこうせんこく)

 

6a108f03f08de501291be8146cd998cf_s

 

耳掃除のときに耳垢を押し込んでしまったために、耳垢が詰まってしまうことがあります。
耳垢が外耳道で固まり、耳が聞こえにくくなることを耳垢栓塞と言います。

プールや海などで耳の中に水が入って、詰まっていた耳垢がふやけると、更に聞こえにくくなりますし、耳垢が詰まっていると外耳炎になりやすかったり、雑菌により炎症がひどくなるケースもありますので、ママから見て、お子さんの耳垢の量が多かったり匂いがするなど気になる症状がある場合は、早めに耳鼻科を受診したほうが良いかもしれませんね。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。