赤ちゃんの歯磨きはいつから?歯磨きを嫌がらせないためにやっておくべき6つのこと

e02328c230b5b52f7219f8f96ec927af_s

 

個人差はありますが、生後6カ月頃から乳歯が生え始めますよね。
最初に生える前歯は、ガーゼで拭く程度で大丈夫ですが、歯ブラシに慣れる意味で、歯ブラシを持たせるとよいそうです。
歯固めにもなるような、3カ月頃から使用できるリング型の乳歯ブラシや、のど付き防止付きの歯ブラシなどもあるので歯ブラシデビューはできるだけ安全なものを選びたいですね。

上の歯が2本生えてきた頃から仕上げ磨きとフッ素の塗布が有効といいます。
フッ素は、年齢に応じた使い方があるので、歯科医に相談しながら進めるといいと思います。

1歳6カ月頃になると、上下の前歯12本と、奥歯4本の乳歯が生えてきます。
下の歯よりも上の歯や奥歯の方が虫歯になりやすいそうなので、生えてきたら保護者の方がしっかりと仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

2歳を過ぎて、1番奥の乳歯が生えてくると噛み合わせの部分と、歯と歯の間隔が狭いところの虫歯を予防する必要があります。
子ども用のデンタルフロスを1日1回使用すると効果的とのことです。
実際、しっかり磨いたなと思って仕上げにフロスをするとまだ食べカスが残っていたりします。

歯みがきを嫌がっても、フロスなら歯みがきさせてくれる子も多いと知り合いの歯科医が言っていました。
実際我が家も歯みがきは逃げるけど、フロスは自分から口を開けます!

5歳~6歳になると「6歳臼歯」(最初の永久歯)が生えてきますよね。
実は、生えたての6歳臼歯は歯質が弱い上に汚れやすく虫歯になりやすい!!とのこと。
フッ素とシーラントを併用するなどして虫歯予防に努めるのもいいかと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

歯が生え始めると、虫歯のリスクがついてきますよね。
1歳頃だと、まだ本数が少なく前歯だけなので磨きやすいのですが、奥歯が生えてくるとさらに虫歯になりやすくなります。
赤ちゃんには最初、虫歯菌(ミュータンス菌)はいませんが、虫歯予防は何より歯みがきが大切!!

「食べたら磨く」がセットになれば、習慣化してきているといえますが、焦りは禁物です。
無理強いすると逆効果にもなりかねませんので・・・。

歯が生え始める10カ月頃から2~3歳頃までかかるつもりで、時間をかけてゆっくり歯みがきする習慣を身につけていくと。

 

歯みがきに興味をもたせる

絵本やテレビなどを通したり、歯みがきに興味を持つことが第一歩といえるのではないでしょうか。
食べたら磨く・磨かないと虫歯になる・などイメージできるようになるといいですね。

 

歯ブラシを口に入れることに慣れる

生え始め用の歯ブラシを持たせることで、歯ブラシの感覚を確かめながら覚えていくと聞いたことがあります。
リング状のものや、歯固めにもなるものから始めるといいですね。
まだ、歯みがきの意味がわからなくても、毎食後に歯ブラシを渡すことで「食べたら磨く」の流れをつくるといいですね!

 

「食べる→歯みがき→仕上げ磨き」に慣れる

まずは慣れることが目標です。
3歳になってもしっかり磨ける子って少ないんじゃないかな?と感じます。
赤ちゃんの頃から、自分で磨いた後はお母さんが磨いてくれるという流れに慣れるといいと思います。
膝の上に仰向きになることや、顔を触られることに抵抗があると、なかなかうまく磨けませんので。
機嫌の良いときに、遊びの中に取り入れたりして、少しずつ慣らしていってくださいね。

 

徐々に仕上げ磨きをしっかり行う

少しずつ、機嫌の良いときにゆったりした気持ちで仕上げ磨きを行います。(これが結構難しいです。笑)
時間をかけて「キレイに磨く」ことに慣れてもらいます。

 

「あー」と「いー」のお口に慣れる

遊びの中でも取り入れながら、お口の形に慣れてもらいます。

 

習慣化する

毎日繰り返すことで、自然に歯みがきが習慣になり嫌がらずに磨けるようになるはずです!・・・とはいえ我が家は3歳になっても逃げまわるし、6歳は自分で磨けてるかなと思ってちょっと油断したら虫歯になるし・・・(仕上げもしていたのですが)。

キレイにすることは気持ちがいいという感覚や、磨かないと虫歯になってしまうなどの思いから自分でやる気持ちが育つことを根気強く待つしかないかな、と。
少し大きくなると、「なぜ歯みがきが大切なのか」という予防意識も伝えていきたいですね。

 

以上が、習慣化までの流れです。

お母さんも毎日大変ですよね。
忙しさのあまり、時には歯みがきを忘れてしまう日があるかもしれません。
怒ってしまう日があるかもしれません。

そうだとしても大丈夫です。
ゆっくりやっていきましょう!

お母さんの日々積み重ねた努力はいつの日か、絶対に実を結びますよ!!

 

子どもの仕上げ磨きはいつから?いつまで?

 

上記のように、乳歯の生え始めはガーゼで拭く程度で大丈夫ですが、虫歯になりやすい上の歯が生えてきたころから、10歳頃まで仕上げ磨きが必要になります。
自分で磨けるようになっても、磨き残しがあることがほどんどです。
実際友人の娘さん(小学校3年生)でも仕上げ磨きをしていないことで虫歯になってしまいました。
奥歯が生えるとさらに虫歯になりやすいので歯茎のきわまでしっかり丁寧に仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

歯が生えそろって、歯と歯の間隔が狭くなってきたらデンタルフロスも併用するのがおすすめです!
仕上げ磨きは夜寝る前に行うことが多いですが時には明るい窓側で磨いたり、ライト付きの電動歯ブラシで磨くのも効果的ですよ。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。