子どもが危ない!B型肝炎が定期接種になったのはなぜ?対象になるのはいつから?

52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s

 

「周りにB型肝炎の人はいないし・・・」「そんなに身近な病気じゃないよね・・・」など、B型肝炎は自分や子どもには関係がないと思っていませんか?

 

現在、日本でB型肝炎ウイルスに感染している方がどのくらいいるかご存知でしょうか?

 

なんと、約130万~150万もの人がB型肝炎ウイルスに感染しているといわれています。

その中で問題になっているのが、「自分がウイルスに感染していることに気づいていない」人が多いということ。

ということは、街中で知らずに接触している可能性も・・・。

そう考えると、実は身近に潜むウイルスなのかもしれません。

 

スポンサーリンク


 

 

B型肝炎の主な原因はウイルス感染です。

つまり「肝炎を起こすウイルスに感染する」ということ。

 

そのウイルス性の肝炎には数種類あって、A型・B型・C型・D型・E型まであります。

さらに、B型肝炎ウイルスにも種類があるんです。

 

もしかすると海外の病気というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

日本では、成人が感染すると急性肝炎を起こして症状が治まるタイプが主流ですが、最近では欧米に多い「慢性化しやすいタイプ」のウイルスが増加しています。
それだけ海外との交流が増えたということですね。

 

日本で1番多いのはC型肝炎、次いでB型肝炎となっています。

 

B型肝炎ウイルスは、感染しても症状がないまま体の外へ排出されることがあります。

排除できず急性肝炎になっても、多くは治療せず治るようですね。

ただ、肝細胞にウイルスが持続感染すると、現代の医学をもってしてもウイルスを完全に排除することはできません。

 

また、進行するまで気づかないことが多いので、肝臓に炎症が続き細胞が壊れて肝硬変になったり、肝がんに進行することもある恐ろしい病気なんです。

 

キャリアって何?子どもがキャリアになりやすいのはなぜ?

 

キャリアという言葉を聞いたことがありますか?

それは「ウイルスが肝臓に住みついた状態」のこと。

持続感染ともいいます。

 

この状態ではまだ肝炎を発症していないので、自分がウイルスに感染していることに気づかないことも多いようですね。

キャリアになった後、約1割が慢性肝炎になってしまうようです。

 

では、どうして子どもはキャリアになりやすいのでしょうか?

それは・・・

免疫機能が未発達で、ウイルスを排除することができないため。

 

このため、感染するとキャリアになる危険性が高いのです。

そして・・・

キャリアから慢性肝炎に移行しやすい。

 

というのも特徴です。

さらに厄介なのは、キャリアになっても、慢性肝炎になっても、子どもの場合ほとんど症状がないということ。

血液検査をして初めて発見されることがほとんどだといいます。

 

B型肝炎がうつりやすいって本当!?感染経路はどこから?

 

B型肝炎ウイルスは、血液中のウイルス量が多いので、うつりやすいと言われています。

それはC型肝炎ウイルスやHIV(エイズウイルス)よりもウイルス量が多いのです。

 

それではどこから、どのようにうつるのでしょうか。

  • 母子感染(垂直感染)

妊娠中の血液検査の項目にB型肝炎が入っているのをご存知ですか?

なぜ妊娠中に調べるのかというと、母体がウイルスに感染していると分娩時に赤ちゃんに感染する恐れがあるため出産前には必ず検査をしてるんです。

 

  • 周囲からの感染(水平感染)

兄姉、親戚、友達など、ウイルスを持っている人からうつる可能性があります。

集団生活をするようになると感染の危険が増えるということですね。

 

この水平感染の場合、どのような感染経路があるのでしょう?

血液や性交渉などはイメージがあるかもしれませんね。

ですが、なんと唾液・汗・涙からも感染してしまうのです!

これは子どもにも大きく影響してくる感染経路ですよね・・・。

だって普段の生活の中で感染してしまう危険があるのですから・・・。

 

では、どのように感染を防げばいいのでしょう??

色々あるとは思います。

ですが、1番の予防法は・・・やっぱり予防接種ですね。

 

B型肝炎ワクチンが定期接種になった理由。3回目のタイミングは?

 

B型肝炎の予防接種、2016年10月から定期接種になりましたね。

世界では定期接種になっている国が多く、日本は「ようやく」といったところでしょうか。

なにせ、WHO加盟国194カ国のうち182カ国はすでに定期接種になっているのですから。

 

ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎に対する免疫ができます。

みんながこのワクチンを接種すれば、ウイルスを持っている人が減り、いずれ世界からB型肝炎をなくすことができる、とも言われています。

今回定期接種になった理由はこのようなところにもあるのではないでしょうか。

 

B型肝炎ワクチンの特徴は・・・

  • 不活化ワクチン
  • 生後2カ月頃から3回接種

 

1回目の接種から4週間後に2回目を、更に1回目から20~24週間後に3回目を接種して終了です。

推奨されているスケジュールを例にすると、

snapcrab_noname_2016-12-31_0-23-17_no-00

という感じですね。

ちなみに筆者の娘のときはまだ任意接種だったし、正直、高いなぁ・・・と思ってちょっと悩みました。
周りに聞いてもあまり打っている人はいませんでしたし。

それに生後2カ月の予防接種デビューは、Hib・肺炎球菌・ロタウイルスの3つを予定していたし、心配性&過保護な私は「そんなにいっぺんに注射を打つなんてかわいそう!!」と延期しました。笑

結局、生後4カ月から始めたのですが、その頃には「病院に行くなら一気に済ませた方が楽だし!」くらいの感覚になり、Hib・肺炎球菌・四種混合・B型肝炎・ロタウイルスを頑張ってもらいました。

というわけで娘は生後4カ月・5カ月・9カ月に3回接種しましたが、3回目はB型肝炎のみだったので病院に行くのがちょっと面倒でした。
(面倒なんて言ってはいけないのかもしれませんが・・・)

 

母子感染予防の場合はスケジュールがちょっと違っていて、

1回目は生後12時間以内に抗HBsヒト免疫グロブリンという注射と同時に接種します。
その後、生後1カ月と6カ月に接種して終了です。

snapcrab_noname_2016-12-31_0-23-27_no-00

 

定期接種の対象になるのは?

 

対象者は次の条件を満たしているお子さんです。

  • 2016年(平成28年)4月1日以後に生まれた0歳児
  • 1歳になる前に3回の接種を終えること

 

1歳になると定期接種の対象外になってしまいますので、注意してくださいね。

4月、5月生まれのお子さんは、定期接種が始まった時点ですでに生後5カ月~6カ月になっていますから、早め早めがいいですね。
3回終わるまでに大体半年はかかりますので。

 

また、母子感染(垂直感染)予防の場合は、健康保険が適応されているため定期接種は対象外になっています。

 

ワクチンは0歳で接種しないとダメなの?大人は受けられる?

 

例えば子どもが2歳になってから「やっぱり打っておけばよかった!」と思った場合、そこからでも予防接種を受けられるのでしょうか?

答えは「受けられます」。

もちろん任意接種になるのでお金はかかりますけどね。

このワクチンは、生後2カ月からの開始が勧められてはいますが、生後間もなくから大人まで受けることができるので「もう遅い・・・」ということはありません。

保育園や幼稚園などの集団生活を始める前に済ませておくのが安心ですね。

 

気になる副反応は?

 

接種部位の赤み・腫れ・痛みの他に、発熱・だるさ・眠気などがあります。

ごくまれにアナフィラキシー様症状・急性散在性脳脊髄炎などがありますが、重篤な副反応の頻度は極めて低いと言われているんです。

そしてそのような重篤な副反応が現れるのは接種後30分。

この間は特に様子をみて、すぐに病院に戻れるようにしておきましょう。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。