こんな症状に注意!赤ちゃん・子どもの中耳炎の原因と予防対策方法

9431118d69cd9ae492a1855aaffedb2c_s

 

 

鼓膜の奥に「内耳」と呼ばれる空洞があります。
中耳炎とは、そこに細菌やウイルスが入り込んで炎症が起きたり、滲出液(しんしゅつえき)が溜まったりする耳の病気です。
滲出液とは、炎症が起きたところにしみ出てくる液のことです。

耳と鼻は耳管でつながっているので、この耳管を通ってウイルスや細菌が中耳に入り込むことで中耳炎になりす。

子どもはまだ耳管が短いため、鼻や喉の細菌やウイルスが中耳に入りやすく、大人よりも中耳炎になりやすいのです。
このため年齢があがると、かからなくなることが多いようです。

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんが耳を触るときは要注意!?中耳炎のサインとは?

 

眠くなると耳を触る赤ちゃんは多いですよね。
ただの癖なら問題はないのですが、子どもがずっと耳を触っていると気になりますよね。

耳を触る原因はいくつかあります。

 

  • 湿疹やただれで、耳や耳の周りが痒い
  • 耳垢がたまっている
  • 外耳炎が起こっている
  • 中耳炎が起こっている

 

などです。

中耳炎の場合は、明らかに眠たくないときも触っています。
痛みがあるため触られるのを嫌がったり、突然泣くことも。

そのほか機嫌が悪い、ぐずる、顔を傾けて泣くなど、いつもと様子が違ったり、心配なときは受診しましょう。

 

鼻水を放っておくと中耳炎に!?中耳炎の種類とその原因

 

中耳炎には種類がありますが、まずかかるのは急性中耳炎です。
これはほとんど鼻風邪から併発します。
なぜなら上記でお話したように、子どもは鼻や喉のウイルスが耳に入りやすいため、鼻水が出ていると、その間、耳にウイルスが入る可能性があるためです。

それでは中耳炎の種類別に、症状と治療法をご紹介します。

 

急性中耳炎

鼻や喉の細菌やウイルスが中耳に入って炎症を起こします。
乳幼児がかかりやすく、ほとんどは風邪が原因で起こります。

《症状》 ・耳の痛み
・熱
・耳だれ(黄色くドロッとした液)
《治療法》 炎症を抑える薬や抗生剤を内服します。
中耳炎が悪化し、膿が溜まっていると鼓膜を切開することもあります。

 

滲出性中耳炎

鼓膜の内側に滲出液が溜まります。
鼻や喉の炎症などが原因で、急性中耳炎を治りきらないままにしておくと滲出性中耳炎になることがあります。
副鼻腔炎があると、かかりやすいとも言われています。

《症状》 ・耳が聞こえづらい
・耳が詰まったような感じ
痛みはあまりありませんが、周りの声が聞こえにくかったり、テレビの音を大きくしないと聞こえないようであれば滲出性中耳炎の疑いがあります。
他に、名前を呼んでも気づかないなど、気になるときは受診しましょう。
《治療法》 炎症を抑える薬や抗生剤を内服します。
鼓膜の切開して滲出液を出したり、チューブを入れることもあります。

 

慢性中耳炎

中耳炎を繰り返したり、完治まで治療を行わなかった場合、持続的に細菌感染を起こして慢性化します。
急性や滲出性の中耳炎は子どもに多いですが、大人になって慢性化する人が多いです。

《症状》 ・耳だれを繰り返す
・耳が聞こえにくい
《治療法》 炎症を抑える薬や抗生剤を点耳、または内服。
症状によっては注射や手術が必要な場合もあります。

 

まとめ《中耳炎は予防できる!中耳炎対策》

 

中耳炎にならないために、または悪化させないためにできることがあります。

 

風邪をひかないようにする

大体は風邪がきっかけで中耳炎になります。
中耳炎に限らず様々な病気につながります。
健康管理に気をつけましょう。

 

鼻水を放っておかない

風邪をひいてしまったら、赤ちゃんの場合は
鼻水をこまめに取りましょう。
鼻をかめるようになったら、片方ずつ、静かに耳にひびかないように、かむようにしましょう。

 

完治するまで病院に通う

重症化、または慢性化しないように、初期段階でしっかり治しましょう。

 

定期的に通院する

治ったとしても、定期的に診察を受けましょう。
再発を防いだり、健康管理につながります。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。