これって受診が必要!?赤ちゃん・子どもの嘔吐の種類と原因まとめ

58e844585e31da6f1a4e4cee427c3648_s

子どもの嘔吐はよくあること。
だからこそ、毎回心配ですよね。

「この嘔吐、病院に行くべき…?」と、悩んでいませんか。

一般的に嘔吐には下記のように種類があります。

 

この場合は、家で様子を見ていて大丈夫なケースがあります。

 

比較的元気で機嫌も悪くはないけれど、何度も吐く

この場合は、様子を見ながら、出来るだけ早めに一度受診することをおすすめします。

 

ぐったりしている、機嫌が悪い、いつもと違う。または、熱や下痢など、嘔吐の他にも症状がある。

早急に受診が必要な場合がありますので、下記を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


 

 なぜ吐くの?赤ちゃん・子どもの嘔吐の原因

 

子どもが突然吐くと心配ですよね。
赤ちゃんの場合は、授乳後によく吐くことがありますが、「いつものことだし気にしない」というわけにもいきません。

もしかすると、病気が原因の嘔吐かもしれませんよ。
嘔吐の原因は、主に3つに分けられます。

 

母乳・ミルクがあふれる

 

赤ちゃんが、げっぷと一緒に母乳やミルクを吐いてびっくりした経験はありませんか?
これは、胃が未発達な赤ちゃんにはよくあること。母乳やミルクをタラタラ~と流れるように吐くのも「溢乳(いつにゅう)」といって心配ありませんよ。

心配ないとはいえ、赤ちゃんはなぜそんな風に吐くのでしょう?

それは赤ちゃんの胃が、大人と違う形をしているのが原因なんです。

赤ちゃんの胃の特徴は、

✔︎ ストンとした、とっくりのような形
✔︎ 入り口の締まりが緩い

ということ。
このため逆流しやすくなっているんです。

また、飲み込んだ空気が胃の中に溜まると、吐き戻しやすくなります。
このため、授乳後のげっぷが必要なんですね。

 

ウイルス・細菌などの病気や、その他の病気

 

嘔吐以外に症状はありませんか?
ウイルスや細菌が原因の嘔吐は、異物を身体の外に出そうとしている正常な反応なんですよ。

ただ、早急な受診が必要になる病気もあるので経過に注意する必要があります。

 

嘔吐のほかに・・・

 

熱がある

風邪やインフルエンザの疑いがあります。

下痢も続いている

ウイルスや細菌性の胃腸炎の疑いが。
嘔吐物からうつる可能性があるので、吐いた物の処理には気をつけてくださいね。

頭を打った

嘔吐の前に頭を強く打っていませんか?
脳内出血などの可能性もあります。
打撲後に泣いたり、気分が優れないために吐くだけの場合もありますが、その後の状態をよく見て、気になる場合は受診しましょう。

ぐったりしている、顔色が悪い、ぐずるなど、いつもと様子が違う

✔吐いたものの色を確認
もし緑色だと腸閉塞の疑いが。
お腹がぽっこりして、硬くなるのも特徴です。
診療時間外でも急いで受診する必要があります。
✔吐いた後の様子を確認
10分~30分おきくらいに身をよじるほど激しく泣く場合は腸重積症の疑いが。
こちらも早急に受診しましょう。
泣くたびに吐いたり、イチゴジャムのようなうんちが特徴です。

✔おしっこが出ているか確認
嘔吐や下痢が続いて、水分補給もできなければ脱水症かもしれません。

 

食物アレルギー

 

食べ物を食べた後に吐いていませんか?
離乳食では牛乳や卵など、初めて食べるものは経過観察が必要です。

嘔吐を繰り返すようであれば受診が必要です。
初めて食べるものは、病院が開いている時間から始めてくださいね。

 

 赤ちゃんの噴水のような嘔吐!原因はなに!?

 

赤ちゃんの嘔吐の中には、噴水のように嘔吐が止まらない場合があります。
場合によってはマーライオンのように嘔吐が止まらない場合も・・・

この原因は以下の2つです。

 

肥厚性幽門狭窄症

 

生後1カ月くらいまでの赤ちゃんで、特に男の子に多い胃の病気です。
十二指腸へ向かう胃の出口が狭く、飲んだものがうまく流れず逆流するため噴水のように吐きます。

 

ミルクの飲みすぎ

 

最近ミルクの量を増やしませんでしたか?
この場合、噴水のように吐くことも。

ただ、この場合は吐いても機嫌は悪くないことが多いですし、ミルクの量を減らしたり間隔を空ければ繰り返しません。
月齢の目安となる量はありますが、お子さんにとっては、ミルクの量が少し多いのかもしれませんね。

 

赤ちゃん・子供の嘔吐の原因まとめ

 

このように嘔吐には種類・原因がいくつもあります。

主な原因として、

  •  母乳・ミルクの量によるもの
  •  ウイルス・細菌などの病気や、その他の病気
  •   食物アレルギー

が挙げられますが、小さいうちは痛みや体調が悪くてもうまく伝えられませんので、少しでも心配なときは、病院を受診しましょうね。

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。