知っておこう!赤ちゃん・子どもと飛行機に乗る時の必須アイテムや耳抜き方法

 

旅行や帰省など、子どもの初めての飛行機デビュー!
あなたは楽しみいっぱい?それともちょっと心配もあるでしょうか。

 

筆者は・・・不安でした!!笑
子どもと初めての旅行ということはとても楽しみだったのですが、飛行機に関してだけは考えるだけで心配でした。

座席はどのあたりがいいのかな・・?泣いてぐずったらどうしよう・・。何を持っていけば機内で飽きずに過ごせるだろう・・。などなど。
旅行中のプランを立てるより時間をかけたのを覚えています。

ここではそんな初旅行の前に収集した情報と体験をまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

飛行機を決めるときに主に考えることは3つだと思います。

分からないことや少しでも疑問に思うことは、航空会社に確認することが一番だと思います!
子連れだと時間通りに進まず、しっかり予定を立てていても慌ててしまうことも多いものですから・・・。

『余裕をもって』と『事前の準備』が大切ですね!!

 

航空会社を選ぶ

筆者の子どもたちの初フライトは全員ANAでした。

最初に感動したのが座席に手作りのメッセージカードが置いてあったのです!!
折り紙付きですごく凝っていて素敵でした。何より心遣いがとても嬉しかったです。

しばらくすると客室乗務員さんがご挨拶に来てくれて。
子どもがシートベルトやひじ掛けなど、いくつか手を挟みやすいところがあるので注意するようにと書かれた紙も渡されました。

しばらくしたらオモチャもいただきましたよ。

 

最近では格安航空会社など、選択肢が広がっています。
航空券付きの旅行プランだと旅行会社が指定した航空会社になったりしますが、事前に航空会社のホームページや窓口に電話をして、子連れの利用できるサービスを確認すると安心です!!

空港内でのベビーカーの貸出や、機内でのベビーベッド、オムツやミルクで使うお湯なども提供してくれる航空会社もあります。

ちなみに飛行機を降りた後に(到着先の空港で)ベビーカーを借りたいときは、出発時にカウンターで申し出ると用意してくれている航空会社もあります。
うまく活用すれば、快適に過ごすことができると思います。

そのあたりも含めて事前確認がいいですね!!

 

搭乗時間を選ぶ

搭乗する飛行機の時間を考えてみましょう。

子どもの生活のリズムの中で【食事(ミルク)の時間】・【昼寝の時間】など、どの時間で飛行機に乗るのがちょうどいいのか。
つまりできるだけご機嫌な時間、もしくは眠たくなる時間など、飛行機内でどう過ごすかを考えながら選ぶことがポイントかと思います。

記事の下の方に【耳抜き】のことも書いていますが、飛行機に乗ったら【食べて・寝る】が親としては理想かな、と。笑

 

座席を選ぶ

座席を選ぶときによく言われるのが

【優先搭乗で先に乗って、後方の座席を選ぶ】

ということ。
いろいろなサイトにもそう書かれていますし、実際に航空会社の窓口でもそう言われました。

 

ただ、筆者はもう1つ違う考えもあります。それは・・・

【最後まで搭乗せず、前方の座席を選ぶ】

というもの。

 

荷物や子どもを連れて後方の座席まで行くのは時間がかかります。
なので優先搭乗はとてもありがたいサービスです。

そして後方席は比較的空いていることがあって、ちょっと気分転換に通路を歩かせたり、ぐずっても周りに人が少ないと親としても気持ちが違いますよね。
そして子連れ仲間が比較的多いです。

 

・・・と、これがよくある座席のとり方です。

もちろんこれはこれでいいと思います!!筆者もよくやります。
しかしそれはつまり飛行機に乗っている時間が長いということ。

出発まではもちろん、到着してからも降りるまでにとても時間がかかります。

 

一方、最後の方に飛行機に乗って前方の席に座る場合。
飛行機によりますが、後方のように空いている座席はほとんど無いことが多いです。

なので飛行時間にもよりますが、3歳未満は膝の上で座っていられるようにおもちゃやお菓子などの対策も万全にしておいた方がいいかと思います。

でも確実に飛行機に乗っている時間は短いです。

機内で飽きてしまう恐れがあるので、筆者はギリギリまで搭乗口付近で自由にさせて、『今から乗る飛行機だよ~』なんて声をかけながら心の準備をさせます。
とにかく座席に座っている時間をできるだけ短くしています。

最後の方に乗ると、手荷物を入れるところが遠くなってしまったりしますが、航空会社によっては客室乗務員さんが空いているところを見つけて出し入れしてくれたりします。

降りるときはもちろん素早くです!!
こうすると、目的地についてからも(荷物の受け取りがなければ早く空港を出られるので)時間を有効に使えるし、筆者的には結構おススメですよ~。

 

ただ、どの座席にしても、次の2点を考慮するとより良いかと思います!!

  • 窓側より通路側を選ぶ

窓から外の景色を見せてあげたい!!という親心もありますが、子どもがぐずったりトイレに行くときなど、通路側の席の前を頻繁に通ると申し訳ないですし、お互いにストレスになりかねません。

要は、通路の方が気楽です。

ただ、下の方にも載せていますが、席で授乳をするときは要検討と思います。

 

  • 近くにトイレがある席を選ぶ

赤ちゃんだと近くにオムツ交換台があると便利ですね。

小さい子どもは搭乗前にトイレに行っても、緊張でまたトイレということも。

とはいえ筆者はそこまで重視しませんでした。

実際、オムツだから大丈夫~と思っていたら、突然娘からの『オムツ替えて』コール。

けど逆に飛行機の中を歩くのも、ちょっとした気分転換になったようでした。

 

 

耳抜きってなに?どうするの?耳抜き対策の失敗談!

飛行機に乗るときに心配なことの1つに『子どもの耳が痛くなったらどうしよう』と思う方も多いのではないでしょうか。

飛行機内で耳が痛くなる原因は?

そもそもなぜ耳が痛くなるのでしょう。

それは【航空性中耳炎】が原因といわれています。
中耳炎ってよく聞きますよね。
鼓膜の奥にある中耳という器官に炎症がおきるため、中耳炎といいます。

飛行機では気圧の変化に伴い、その中耳という器官にある空気が膨張・収縮するため耳が詰まったり痛くなったりするそうです。

 

中耳は耳管という細い管で鼻とつながっていて、気圧が変化したときに耳管が鼻側で開くことで中耳の圧を等しく保とうとします。
しかし耳管が開かないときに中耳で炎症が起きるため、耳が痛くなるのだそうです。

これを【航空性中耳炎】というそうです。

 

飛行機で耳が痛くならないための対処法は?

筆者は人生で何十回と飛行機に乗っていますが、20代のころ1度だけ耳が痛くなった経験があります。

着陸時だったのですが、あれはかなり激痛でした。
飴を食べてもお茶を飲んでも治らず、痛みが治まるのをただ耐えて待った記憶があります。

子どもたちがそんなことになってしまったら大変!!と、子どもの飛行機には結構神経を使いました。

 

耳が痛くならないためには、唾をのんだり、飴をなめたり、あくびや耳栓も有効だそうです。
対処法の1つに耳抜きがありますが、これは

息を軽く吸う → 口を閉じて鼻をつまむ → 吸い込んだ息を耳に送り込む(※優しく強すぎず!)→ つばを飲み込む

という手順です。

大人なら上記のことは意識的にできますが、子どもはそうはいきません。

 

子どもの場合は

離着陸時に飲み物を飲ませると良いといわれています。
赤ちゃんであればミルク、幼児であればジュースや食事をとるのもいいですよね。

ミルクやジュースを飲むことで耳管が開きやすくなり、耳が痛くなりにくいのです。

 

飛行機内での授乳について

耳抜き対策とはいえ機内での授乳はやはり周りが気になる方も多いのでは。
授乳室とか無いですからね・・・。

授乳ケープだけでOK!という方もいるかと思いますが、なにぶん隣席との間隔が近いですよね。

そんな時、事前に座席指定ができるのであれば、

  • 窓側の席を選ぶ
  • 2人掛けの席を選ぶ

 

普段は通路側の方がおすすめですが、授乳するのであればあえて窓側の方が人目を避ける意味でおすすめです。

2人掛けの席は後方に多いです。
夫婦で飛行機に乗るなら、2人掛けの通路側にご主人が座れば目隠しになりますよね。

 

事前にネットで座席指定をするときに、搭乗予定の自分の席を確認すると【幼児】マークが表示されているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。
航空会社によるとは思いますが、【この席に幼児が乗りますよ】ということが他の予約するお客さんにも事前にわかるので、乳幼児が苦手な方は近くを避けて予約できたりします。

できれば早めの予約(座席指定)が安心かなと思います。

あと、JAL国際線には【ファミリージェット】なるものがあり、12歳未満の子ども連れ専用の家族限定で運航しているので機内での不安は減るかと思います。


※JALパックツアーHPより引用

 

ここで筆者の失敗談ですが・・・。

 

娘は2歳4カ月で初飛行機でしたが、耳抜き対策に離陸時にリンゴを食べさせようとしたのです。
リンゴにした理由は、歯ごたえがあるし、あっという間に飲んでしまうジュースよりは時間を稼げるかなぁと思って。

そんなわけで飛行機が動き出したので、食べ始めたらなかなか飛行機が進まず・・・。

 

なんと飛行機は滑走路を少し移動して離陸の順番待ちをしている状態でした。
『全然飛ばない・・・!!(焦)』と思っているうちにリンゴを食べ終えてしまったわけで。

次におにぎりやジュースを見せたけど、、『いらなーい』と言われてしまい慌てました。笑
搭乗前に空港で試食やらジュースやらでけっこうお腹いっぱいにしてしまったのも失敗でしたね。

 

ただ、飛行機がようやく離陸し始めたとき、娘が自分でカバンの中のサンドイッチを見つけて食べ始めたのでした。
食いしん坊ということが思わぬところで役に立ちました。

皆さんも飛行機が動いたからといってあまり早くから飲ませないようにご注意くださいね!

離陸時はけっこう揺れるときもあるので、子どもも不安になったりします。
そんなときにも食べることで落ち着いたりします。

 

ただ!注意することが1つあるんです。

実は飛行機って車や船みたいに乗り物酔い(吐き気)になることがあるんです。
空腹もNGですが、食べすぎも良くないようですので、筆者のように『食べさせれば安心!』というのも気をつけた方が良さそうです。。

ちなみに乗り物酔いの対処法としては、深呼吸や冷たいタオルを額に当てたり、冷たい水でうがいをするのも効果的だそうですよ。

 

機内での過ごし方は?持っていくべきアイテムはこれ!

実際に機内で出会った親子なのですが、通路を挟んで隣に1歳5カ月の女の子とお母さんの2人で乗っていました。
座席は後方。一番後ろには修学旅行(高校生かな)の男子がびっしり座っていて、機内は空席がほぼ無い状態でした。

その子は離陸前にクッキーを数枚食べて、『もっと食べたい』とちょっとぐずっていました。
しかしそのお母さんは食べ物も飲み物も、もう何も持っていなくて『ごめんね、もう何も無いの』と言って困っていました。

おもちゃも持っていないようで、その女の子は泣き出してしまいました。

満席状態の機内でその子の声が響いていました。

筆者も何かできることはないかな、と用意していた折り紙やシールをプレゼント。
お菓子もあげたかったのですが、チョコがついているビスケットや酢昆布や茎ワカメしかなかったので、、フリーズドライのとうもろこしくらいしかあげられませんでした。汗

お母さんは『普段すごくおとなしい子だから・・・油断しました』と。

というわけで、子どもの好きな食べ物や玩具を(ちょっと多めくらいに)用意しておくのがいいですね!!

 

食べ物はどんなものを選ぶといいのか??

上記でも述べたように、筆者は搭乗前に食べさせてしまいました。

[離陸時に食べた後、お腹いっぱいで機内で寝る]を計画していたのですが・・・。
出発前に子どもと一緒に空港でお弁当などを買うのもいいかもしれません。

しかし、見る時間が無かったり、アレルギーなどで買って食べられそうなものが見つからない!ということになりそうなら、事前に用意しておく方が無難ですね。
筆者的には、普段食べ慣れているものプラス初めて食べるお菓子なんかも子どもの興味を引くのにおススメです。

もちろんアレルギーなどは気をつけてくださいね!!(初めてといっても練習はした方がいいと思います!)

そして虫歯も・・・。

なぜなら我が家の場合の初めてお菓子は【チョコ】だったのです。

 

チョコ自体は友人宅で少し食べたことがあったのですが、普段は食べさせていませんでした。
そこでちょっとだけチョコがついているビスケットを用意。

娘にとって憧れのチョコのお菓子は、機内でぐずった時用にバッグに忍ばせておきました。
この時はぐずることがなかったので食べることがありませんでしたが、いざという時の【とっておき】を用意しておくといいかなと思います。

 

あ、2歳くらいからなら個人的にオススメはスティックタイプのゼリーですかね~。

スプーンは必要ないし、持ち運びにも便利ですし。
ひと口ぶんずつ小さくしながら食べれば小さい子も安心です。

あと、飲み物はやはりトイレが気になるので、オムツを卒業した子であれば機内は離陸時くらいで、後はちょっと控えた方がいいかなと思います。

 

機内で使える玩具はここで準備!!

ずっと座っている上に音が出るおもちゃはNGのため、機内で飽きない対策は結構悩むところです。

お気に入りのおもちゃはもちろん、新しいおもちゃがあればぐずったときなど気分転換になるかもしれません。

機内でおもちゃをプレゼントしてくれる航空会社もありますよね。
娘はハサミさえあれば30分以上は集中しているので本当はハサミを持ち込みたかったのですが。(もちろんNG!!笑)

無難なのは、折り紙・クレヨン・塗り絵・迷路など、こんな時100均は便利ですね。

年齢に合ったおもちゃを安値で仕入れられます。
またちょっと高くてもコンパクトで持ち運べる玩具もいいですね。

おままごとセットやアイス屋さんセット、レジセットなど小さくまとまったものがイオンなどでも売っていますよね。

とはいえあまり白熱して大きな声にならないようなおもちゃを選んでくださいね。笑
子どもが好きそうなおもちゃで音が鳴らないものを。

旅行中はおもちゃさえ荷物になるので、やはりコンパクトなものが一番かなと思います。

 

あとは【アプリをたくさんインストールしておく!!】という声も聞きます。

そういうのはちょっと・・・と抵抗がある方もいるかとは思いますが・・。
背に腹は代えられぬといったところでしょうか。

機内モードで使えるものを事前にインストールしておくのも手ですね。

 

まとめ

 

最後に今回の記事についてまとめてみましょう。

まず、搭乗する飛行機を決めるときのポイントは・・・

  • 航空会社を選ぶ
  • 時間を選ぶ
  • 座席を選ぶ

 

座席はできれば『優先搭乗で後方に座る』か『最後に乗って前方に座る』のどちらかがいいと思います。

 

 

次に、機内でおすすめの過ごし方は・・・

  • 飲食
  • おもちゃ
  • アプリ
  • 寝かせる

 

飲食は航空性中耳炎予防のためにも多めに持って行った方がいいと思います。

アプリは人それぞれですが・・・。
筆者的には寝てくれるのが一番オススメですけどね。笑

筆者の場合は飲食計画が失敗に終わったので、次の手として子どもに『着いたらたくさん遊ぶから今のうちに寝よう!!!』、『もうすぐ着いちゃうから寝ておかないと!!』などと誘導。

最初は寝たくない様子でしたが、寝たふり作戦と、本人も『今のうちに寝なきゃいけないんだ』と思ったらしく、結構すんなり寝てくれました。

ちなみに帰りはお昼ご飯を空港で食べてから飛行機に乗ったのですが、たくさん遊んでいたのもあって座席に座ってすぐに寝ていました。
帰りは後方の座席で、他の乗客が順番に降りる時間も寝ていたので子ども的には『飛行機飛ばなかったね!!』という感じで。

なんとも一番理想の機内の過ごし方でした。

 

やはり機内で気になるのは泣いたりぐずったりすることで周りのお客さんの迷惑にならないか、ということ。

せっかくの楽しい旅行のはずが、お互いに悲しい気持ちになりますよね。
精神的にきついし、とても残念です。

【機内でいかに快適に過ごすか】ということは、旅行準備と同じくらい考えて用意しておくといいかもしれませんね。

 

 

あれだけ悩んでいた子どもの虫歯・・・こんなにカンタンに予防できるなんて・・・




スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。